いつかニカちゃんと呼べる日まで(仮)

ニカちゃんとはまだ呼べなさそうです。

黒崎くんの言いなりになんてならない

これを見て、黒崎くんに恋しない人なんているの……っ!?

 

 

そんなわけで、見てきましたw

黒崎くんの言いなりになんてならない。

ここからはガンガンネタバレするので、ご注意を……!

 

普段は、二階堂さん溺愛盲目きもおたブログとして機能しているこのブログですがw今夜だけは黒崎くんの言いなりになりたいブログとして更新しようと思いますw

 

一番言いたいのは、一番最初に書いた言葉だったりするんだけどw

客観的な目線でみれば、超絶良質なアイドル映画だった。

メインの三人も、周りの友達も嫌味がなく好感しかなかった……!

そして、ご都合主義? はしょりすぎの人間関係? トンでも展開? 関係ない! ここまで振り切ってこそのアイドル映画だろ……! という気概が感じられましたw

 

黒崎くんを見てると、これがシリアスな笑いか……とバクマン。の最高と秋人が私の頭の中で語ってたよw

原作読んでないから、どこまで忠実なのかどうなのかわからないけど、これ、狙ってやってるなら原作者か脚本家の人相当ギャグセン高いよねw

特に面白かったのは、行きの電車で梶くんが昭和のwww都市伝説wwwwみたいな感じで半分小ばかにしてた観覧車の頂上でキスしたカップルは結ばれる説をくっそ必死になって叶えようとする黒崎くんで。

映像はとっても素敵なキスシーンでうっとりしたかったんだけどw上記の前提が頭をよぎりまくって、笑ってしまったよw

 

そして、ドラマ版でもキスシーンよりも羨ましいし卑猥だぞこれは……! と唸った一緒にピアノ弾くシーンを映画のしかもとっても大事なシーンに使ってくるのいいね。

梶くんが黒崎くんがピアノを弾くときは、言葉にできない思いがある時、みたいなことを前フリかのように言ってたけど、ここは黒崎くんの切なさがぐっと詰まったシーンだなぁとか思ってたのに! のに!w

何で弾く時の合図で指パッチンするのwww

指パッチンいる?w 顎を動かして促すとかで良くない!?w

ここでもくそ笑ってしまったじゃないかw

でも、不器用で愛情表現や感情表現もへたっぴだからこそ、人の本質を見てるから、どんな顔だろうがお前はお前だろ、というコンプレックスの塊だった由宇の一番欲しかったであろう言葉をかけられたんだろうなー、狙わずに。

 

タクミくんは本当に由宇ちゃんのこと好きなのかな? ってくらい黒崎くんに都合良く由宇ちゃんを一人にさせすぎじゃない?w

どんだけあざといんだよ!!!! ってくらいタクミくんはあざとさ全開可愛さ全開甘々全開で、普段の自分ならこんなお姫様扱い胸焼けするわい! と思うところだったけど、黒崎くんがアレだからwこんくらいのベタ甘でも非常にバランスが良かったw

 

そして、由宇ちゃんが本当に可愛かった……!

超絶美少女なのはもちろんわかりきってるんだけどwあの絶妙にイケてない走り方や動きや反応の仕方のおかげで全く嫌味がなかった。

動きや反応はまだわかるんだけど、あの走り方も演技なのかな? それとも素かな?

走り方も演技なら、凄い女優さんだなぁ、と思ったよ。

それらのお陰でイケてなく見える時もあるのに、最後のシーンとか可愛く見せなきゃな時は超絶可愛いんだよ!

顔面レベルを調節できるというか、可愛いオーラを出し入れできるというか、シーンによって、超可愛いとイケてないを上手く使い分けてて凄いなぁと思った。

 

そして、由宇と芽衣子の友情もいいね。

そんなきれいごとあるかい! と思ったけどw君に届け的なきれいな女の子の友情に弱いからwしっかりうるうるしたよw

そしてそのまま続く黒崎くんとタクミくんの真剣勝負ね……!

ここではしっかり泣いたよw

あれ?w 私なんで泣いてんだろ?wと思わないでもなかったけどさw

だってあんな子どもの頃からの映像とか見せられたらさー、ずっと一緒に生きてきた二人がお互いにコンプレックス抱えあっててお互いには適わないと思ってるとか尊すぎない!?

タクミくんの抱える劣等感と黒崎くんの不器用さがかっちりハマり合って、よかったねぇ、よかったねぇ、と思ったら気付いたら泣いてましたw

 

そしてそして……!!!

何より何より今書いた全ての事柄、映画で見てきた全ての映像、ドラマで見たお話、全てがこのための序章であり、前置きであると言っても過言ではない、ラストシーン……!

あっ、なるほど、最後の黒崎くんのデレを見るための映画なんだねこれは……って全てを理解しました。

照れる黒崎くん可愛すぎかよ、顎クイされる黒崎くん可愛すぎかよ、俺の女だ! ってドヤってながら由宇に拒絶されると戸惑う黒崎くん可愛すぎかよ、そして最後にお姫様だっこしてちゅーって浮かれすぎだろ黒崎くん……!

 

想定外に面白くてハマってしまった黒崎くんの言いなりになんてならないですが、中島健人くんにはコメディ映画の才能があるなってことと、岸くんは今までそんなに興味なかったけど、犬っコロ感がとても可愛いな、と思ったところで感想を終わりにしようと思いますw

 

追記

忘れてたっ!

遊園地で乗り物に乗る黒崎くんとタクミくんと突然トッポを構えだす黒崎くんくっそ笑えたので、やっぱり狙ってやってる脚本家か演出家の方、ギャグセン高いわw