いつかニカちゃんと呼べる日まで(仮)

ニカちゃんとはまだ呼べなさそうです。

29歳ジャニオタデビューを振り返る。

完全にわたくしごとではありますが、つい数日前30歳の大台に乗りました。

29歳の私的大事件といえば、まさかのジャニオタになったということで、ジャニオタ以前、ジャニオタ以後、と完全に生活スタイルが変わってしまい、こんなことになるとは、という気持ちでいっぱいなのですがw

30歳で結婚もしていなければ、予定もないし、一人暮らしだし、CDやアルバムは何形態も発売されるしwでこの年でこの状態ってまずいよなーと思いつつもw一ミリも後悔していない自分がいる。

 

人生で幸せを感じる瞬間ってそうそうないと思っていて、だから私は楽しみっていうのは自分で作らなきゃいけないものだと思っている。

誰かを応援するということで、何もなかったはずの日が忘れられない日に変わったり、嫌な日になりそうだったのが、楽しい日に変わったりする。

 

微妙な年頃なので、結構周りからマイナスなことを投げかけられたりすることもあるんだけれどw30歳で独身で一人暮らしで悲壮感漂ってなくて、ご期待に添えずごめん! 私今人生すげー楽しいわ! という感じになっている。もうちょい危機感持てよwという気もするけどw

 

私はずっと誰かを応援することを楽しみとして生きてきたんだけれど、二階堂さんと出会う前、自分の気持ちがふっと落ち着いてしまう瞬間があって、もうあんなに熱中して誰かを追うことはできないかもしれないな、と思っていた時期があった。

熱烈に誰かを追うことの楽しさを知ってしまっているから、自分のその状態が凄く味気なくてさびしいなーと思っていた。

 

そんな時にいきなり二階堂さんが自分の前にふっと表れて、凄い勢いで私の生活に侵食してきてwあっという間に生活の中心になってしまった。

 

二階堂さんを好きになって、私が一番良かったな、と思っているのが、自分の精神状態が凄く落ち着いたということw

基本根暗なのでw夜中にすぐくよくよしたりしていたのが、本当になくなった。

まぁまぁつらいこととかあったけれど、二階堂さんがどんどん楽しみを提供してくれるから、それを追いかけることで自然に元気になって、明日もがんばろーと思えるので本当に感謝しているw

私はジャニオタ歴も短いので、まだ売り方に疲れたとか、周りのオタクに疲れたとかも思ったことないしwというか、西ヲタ長くやってるから、大体のことには耐性ついてるよねw

生活の中心にはあるけれどw飽くまでも趣味だと思っているから、都合の悪いことはスルーする主義であるのも良いのかな。

 

そんなこんなで、30歳を目前にして二階堂高嗣さんにすっころびました、というのを一応テーマと掲げてwやってきていたこのブログですが、30歳になっても、まだまだ二階堂さんを追いかけたいなーと思っています。

キスマイ界隈色々騒がしいけどw黒髪二階堂さんの輝きったら半端ないから、まだまだ全力で行きたい所存w

 

さらに、二階堂さんと出会ったことで飛び込んだジャニオタだけど、知れば知るほど色んなグループにも興味わいてきて危ないよ!

ちなみに今はA.B.C-Zの塚田さんがめちゃめちゃ気になっています!

かわいい……!