いつかニカちゃんと呼べる日まで(仮)

ニカちゃんとはまだ呼べなさそうです。

反抗期と裸の時代とキスブサプリクラ回。

最近、反抗期の頃の二階堂さんのことが気になっている。

しかし、反抗期と聞くと、どうしても頭の中でこーきこーきはんこーきと歌ってしまうあーりん推し。

冗談はさておきw

私は新規も新規のドがつくほどの新規なので、勿論二階堂さんがトガってた時のことは知らないし、わからないから、推測するしかないんだけど。

二階堂さんを応援しようと強く思うきっかけの一つになったのが、裸の時代だった。

あ、好きかもと思った時に、より深く知りたいと思ってまず裸の時代を買った。

そこで二階堂さんが自分で話している過去の姿って、今の二階堂さんのイメージと違ってて、ちょっとびっくりした。

だけど、私が漠然と二階堂さんの笑顔っていいな、と思っていたのが、答え合わせというか、本人がそれを乗り越えた上で笑ってようと思う、と言う笑顔だからなんだなと裏づけされたような気がして、自分の好きという気持ちに二階堂さん本人がピタっとハマったような気がして嬉しくって、それが大きかったのかな、私的に。

 

今日、久しぶりに二階堂さんが2年越しで1位を獲ったキスマイBUSAIKU!?のプリクラ回を見た。

当時、私は特に二階堂さんのことが特別に好きではなかった。

キスマイ自体に好意を抱いてて、舞祭組贔屓にはなってきていたけれど、当時は横尾さんブームだったw今も好きだけどw

だけど何か引っかかるものが自分的にあったのか、次の週の車庫入れとか、宅急便のやつとか(これはマジで残しておけばよかった)はあっさりHDDから消しているのに、プリクラ回は消さずに置いていた。おめでとう! という記念の気持ちもあったと思うw

そして、その後の元カノの質問のやつは残しているので、この間にファンになったことが推測されるwとまぁそれは置いといて。

プリクラ回、やっぱりVTR自体はそんなに好みじゃなかったwいや、めっかわだけどね……! それよりも、自分が残しておこうと思ったのは、その後の佐野さんに抱きつきに行く愛らしさと玉森さんへの煽りがあったからだなぁ、と実感した。

そして、ファンになってから見返すのってそういえば初めてで、初回見た時は気付かなかったんだけど、自分が1位かもしれないって思った時からのそわそわっぷりが可愛くて可愛くて。

そして、いざ1位が決まった時のVTRフリで見て! って言ってた。

それ聞いて、あ! って思った。

ボーリングとか、バスケとかで言う二階堂さんの見てて、がすっごく好きなんだけど、二階堂さんって自分の勇姿を周りの人に見てもらいたい気持ちが人一倍強いのかなっていうのを、凄く嬉しかったであろう初の1位VTRのフリで自分の中で確信した。

 

ここで、二階堂さんの反抗期時代に話は戻るんですけどw

かんっぜんに私の推測の話になるから、もしかしたら見当違いのことを言ってるかもしれないんだけど、反抗期前までは、ダンス上手で、いたずらっこだけど周りからは可愛がられて、グループに入ったりして活動の場も広がって、二階堂さんの自尊心って結構保たれてたんじゃないかなーと。

だけど、学校で友達と喋らなくなって、ジャニーズJrでデビューしてなくてもグループに入れる人って一握りだろうから、それだけでも凄いことなんだろうけど、グループに入ると今度はそのグループの人って見られちゃうし、その中で序列とか考えちゃうと、キスマイは藤ヶ谷さん、北山さんがいて、当時は千賀さんが結構推されてたのかな? ってなると、恵まれた立場だってことに気付かずに、自分にスポットが当たってない、自分のことを見てくれてないって思ってしまうのはわからなくもないなーと。

そして、仕事を離れても学校では今まで仲のよかった友達が離れてく……となると、苦しいよね。

だからこそ、北山さんが真剣に怒ってくれたのが、当時の二階堂さんに刺さったんじゃないかなと。

本気で怒ってくれるってのは、自分のことを見てくれている、気にしてくれているっていう確たる証拠だし。

そこで心を入れ替えたとしても、それまでのやる気のなさとか、仕事への向き合い方とかを見られていから、少年たちの舞台に呼ばれなかったのかなーとか、デビュー(キスマイのメジャーデビューじゃなくて、二階堂さんが残れるかどうかの方ね)が危うくなったのかなーとか思ったり。

当時のファンは気が気じゃなかっただろうな……。

 

今の二階堂さんがいるから、私はこう推測と想像で振り返ってあーでもないこーでもないと思い巡らすことができるし、その時があったから、今の私の大好きな二階堂さんができてるんだなって本当に思う。

そういえば、裸の時代を読み返すのも結構久しぶりなんだけど、久しぶりに読んだら、やっぱり前読んだ時よりも胸が詰まるような感傷があった。

いじらしいというか、胸が痛いというかね。

 

そして、そんな投げやりでどうでもいいってなってたような二階堂さんが自分のやりたい道を見つけて(まぁまだ迷走してる感も無きにしも非ずだけどw)バランスwとかイジられながらもキスマイのことを大切に思ってお仕事してるんだなぁと思うと、あんたってやつァ……おーい、大将熱燗持ってきて! って気持ちにもなるよね。

 

ってことを、1位を獲ったVTRフリの一言だけで考えた(笑)

本当、何でか語りたくなる男だぜ、二階堂高嗣

ファンの数だけアイドルの姿はあると思ってるから、完全に私解釈の二階堂さんでしかないことは十二分に分かってはいるし、そもそも私の解釈なんぞてんで見当違いの飛び越えたところにいて欲しいという気持ちもあるんだけど、考えたくなるんだなー。

そして、こんだけ語っておいて裸の時代を読んだ最初の感想は二階堂さんをいいこいいこしてあげたい! だったんだけどさw

でも今改めて、見てて! って言う二階堂さんをうんうん、見てるよ。すごいね、かっこいいね。って言いながら見つめていたいなぁと心から思った、という少々気持ち悪い結論でしめようと思うw

そして、今の気持ちにぴったりな曲をBGMにしながら、いい加減寝る 笑

アンブレラ~椿屋四重奏 - YouTube