いつかニカちゃんと呼べる日まで(仮)

ニカちゃんとはまだ呼べなさそうです。

二階堂さんの声

そういえば昔から、声に特徴のある人が好きだ。

二階堂さんを好きになったきっかけに、声ってのはないんだけど、好きを加速させたのは、紛れもなくニカタイムのキセキだし。

Thank youじゃん!のセブン盤の特典映像が最強だったのと、カップリングのHoly nigth with youのソロパートが至高だったことで確信した。

二階堂さんの歌声、すっごくいいじゃん……!

特別に上手なわけではないんだけど、聴いていると何だかそわそわと胸がかきむしられるようなせつなさがあるというか。

特に、Thank youじゃん!の頭ポンとの「と」のところとか、Holy night with youなら、柔らかな灯が僕らをの「を」のところみたいな、キーが下がるところが特にきゅーっと心臓を直接柔らかく掴まれたような気持ちになるw

キーが高いところは声を張ってると思うんだけど、そこからふっと力が抜けるのが好きみたい。

全く専門的な知識があるわけじゃない、ただのボーカル好き&カラオケ大好き女のたわごとなんだけどさw

私が惚れ込んでるボーカリスト西川貴教さんと中田裕二さんなんだけど、西川さんの声は、声がドラえもんの道具のコエカタマリンでガンガンこっちに向かってくるようなイメージで、中田さんの声は、薄ピンクとか薄紫のベールで包まれてやってくるようなイメージなんだけど、二階堂さんの声は、なんだろな、暖かい陽だまりの中で首元にナイフを突きつけられてる感じ?笑

Holy nigth with youもうきうきと外を一緒に歩いているような情景も浮かぶんだけど、ただ楽しいとか嬉しいっていう感情だけじゃなくて、憂いがあるような。まだ自分の中で固まっていないのか、なかなか端的な表現で言い表せないんだけど、楽しいんだけど悲しくて、安らぐんだけどそわそわしてドキドキして危うくて、っていう相反する感情がぐわーっと押し寄せてくる。

一見、元気で騒がしいキャラクターなのに、歌声となるとこんなに哀愁漂わせてきて、そういうところも魅力の一つだなぁと。

歌声じゃなくても、平成舞祭組男とか、この前のキスブサのバスの待って、降りないで、とかの台詞でも切ない雰囲気を漂わせると、二階堂さんがグッと引き立つなぁと思った。

だから、カラオケでよく歌う曲で、ミスチルの花の匂いをあげてたの見てわかってんじゃん……! って心の底から思ったよね。

ちょっと物悲しい感じの曲を歌うと絶対合うと思うんだよな。フジファブリックの若者のすべてとか!

あ! これ聴きたいわ。めちゃめちゃ聴きたいわ。

泣くやつだわ、私が。

サカナクションアルクアラウンドとかACIDMANの赤橙とか、何かひとりぼっちで夜道を歩いてる時に聴きたい感じの曲。

歌声とか、ダンスとか(ダンスについては本当に、動きがきれいとか指先まで気を配ってるくらいのレベルしかわからないけどw)それをきっかけで好きになったわけではないものが自分の好みだとすごく嬉しいなぁという話。

まぁ、元々好きだからという贔屓目はめちゃめちゃ入っているっていう前提なんだけどw