Stay Gold

美味しいご飯がいっぱい食べたい中村海人くんを応援しています。

君に幸せあれ

中村海人くん! 22歳のお誕生日本当に本当におめでとうございます♡♡♡

去年は歳の数だけ好きなところを書いたのでw今年はどうしようかな~と思ったんだけど、だいだいだーいすきだった21歳のうみくんと過ごした一年を振り返ってみようかなと思いました。

 

まず4月。
2018年の4月といえば、記念すべきWカイトのらじらー!
名前が同じだから、うみんちゅとちゃかちゃんと呼び合おう! と決めたのに、ちょいちょいカイトと呼び合う二人が可愛くて可愛くて。
うみくんが意外にもw落ち着いてて話し声がとっても良いってこともわかって。さらにさらに誕生日のお祝いまでしてもらって。
放送を終えた後、公式Twitterにけなげに頑張ってくれました、って書かれてたのがほんっとにいとおしくて。
忘れられない思い出のお仕事になったし、未だにたまに聴き返すくらい大好き!
一度やったコンビってなかなか回ってこなさそうだけど、またWカイトでやってほしいな。
あ、あとうみまるワンスクロール事件ねw
最初はめろおたなのでw普通にまぁ内容がうっすいことが悲しかったんだけどwあんまりにも叩かれまくるので、途中でだんだんめっちゃ面白くなってきてw
ちゃんとやってよ! っていう怒りとかすっと消えて、叩かれてやーんのwwwwwwwみたいな気持ちに変わりました😂
なんかまぁ、ほんとモンペおたくすぎてごめんなんだけど、そりゃたまにしめまるとか羨ましくなる時もあるけどw全員が全員アイドルとして100点のブログを書くグループだと面白みがないし文章を書くのがとっても苦手そうだなwというのは文面から伝わってくるのでw
まぁ頑張ってる(月もある)かー(そしてもうちょっと頑張ってよ! という月もあるw)って感じです。

 

5月
5月といえば! Toxxxicで腰を抜かす事件ですね。
元々キスマイ担だったので、トラジャがつく・つかないに関わらず初日行く予定をしていたのですが、前日プレ販で販売されたパンフ情報でバックはトラジャで確定! ってなってからはそれはもううっきうきで名古屋に向かったんだけど。
Crystal skyで踊るキスマイの後ろにトラジャが出てきた時、わーーーー本当にいるーーーーーー!!!!! って胸がいっぱいになって、終始ふわふわしながら見てたな。
そして、ソロ曲コーナーが始まって、ソロ曲ってことはバックで踊るよね、3曲ともかっこよかったから期待できるな~。
からの~突然の死~って感じでしたw
びっくりして腰が抜けて座り込んで、連番してたお友達には横見たらいなかったwって言われて、なんかほんと助けてって感じで。
藤ヶ谷さんありがとうシャネルあげるねxxxって思いましたw
どういう経緯でうみくんが選ばれたのかわからないけど、新しい魅力を引き出してもらえたなって思ったし、キスマイ担のお友達からもあそこよかったよって言ってもらえたのも嬉しかったなー。

 

6月
6月は引き続きYummy!! なんだけど、自分の誕生日がちょうど公演日と重なってて。
誕生日にうみくんと過ごせるというとっても素敵な誕生日になりました。
しかもそれが円盤化されるという奇跡! お父さんお母さん産んでくれてありがとう!(壮大) って思いましたw

 

7月
7月も引き続きYummy!!ですね。何かもう西武ドームが過酷だったことしか覚えてないんだけどw
7月だけじゃなく、Yummy!!を通して私的に一個大きな変化があって。
それは、うみくんのダンスが大好きになったってこと!
それまでは、うみくんのパフォーマンス中の自分の演出の仕方はめちゃめちゃ好きだったんだけど、ダンスはそんなに好みじゃないなって思ってて。
キスマイのバックについて、キスマイの知っている振り付けの曲を踊るうみくんを見て、うみくんはこうやって踊るんだなーって見ているうちに、いつの間にかうみくんのダンスも大好きになってました。

自分の記憶の中にあるキスマイのダンスがうみくんの踊り方に塗り替えられていくのが楽しくて楽しくて!
今では自信を持ってうみくんのダンスが好き! って言えるようになったことが本当に嬉しいし、キスマイのバックについてくれたおかげだなって思ってます。

 

8月
サマパラ!
今となってはアクスタ買うのに延々並んだこともいい思い出……ではない😂
ここはね、やっぱり足の怪我かな。
うみくんを応援することって、結構ハラハラさせられることもあってwそういうのも込みで楽しんでるみたいなとこも実はあるんだけど、こういうのは違う! って思いましたw
私個人としては、理由とかはどうでもよくて、出られないってことでうみくんが辛い悲しい思いをしてるのかもなってのが悲しかったし(まぁ自業自得なのかもしれないけど、てかほんとつくづくモンペオタクで嫌になるねw)
出られなかった曲で出てきた時は、涙が出るくらい嬉しかったな、っていう気持ちがあるだけというかw
うまく説明できないなw
かっこよかったところ、かわいかったところ、公演中にたくさんあったんだけど、サマパラのことを考えると、一番に思い出すのがBorn in the Earthできらきらアイドルの顔をしていたうみくんで。
それは、私が初めてうみくんを見に行こうって思って見に行った夢アイでのうみくんを思い出させるような笑顔なんですよね。
Born in the Earthを歌ううみくんを思い出す度に、うみくんのことが大好きだなぁって思うし、それと同時に好きになったばっかりのことも思い出せるような、なんかそんな感じでしたw恥ずかし!笑
Yummy!!から始まって、サマパラで終わる夏、ほんっとに楽しい夏だった。
こんな楽しくていいの!? ってくらい楽しかったな。

 

9月
サマパラの余韻と、いまを生きるへのドキドキでふわふわしてたなー。
いまを生きるのインタビューが載った雑誌がちょいちょい発売され始めて、うみくんの共演者となじめてなさそうな雰囲気と、初めての外部舞台への不安とがひしひしと伝わってきて、胸を痛めていましたw

 

10月
いまを生きる!
初めての外部舞台。
いまを生きるに出るってことが決まった時のうみくんのコメントが大好きで。
「この役と仲良く公演を歩いていきたいです」
うみくんのこういうかわいらしい言い方ほんと好きだな~。
映画だけ見るとキャメロンは本当に嫌なやつなんだけどwキャメロンを嫌なやつで終わらせない、っていうのが伝わってきて。
ほんっと初日幕が開ける前は心配で心配でこっちがお腹いたくなってくるくらいでw
でも、堂々とした演技を見せてくれて、入るたびに上達を感じさせてくれて。
本人にとっても思い入れのある舞台になったみたいで、そんな瞬間に立ち会うことができて、良かったです。

 

11月
特にこれといったイベントはなかったんだけどw個人的に忘れられないのが、11月6日に更新されたうみまるの内容で。
話すと長くなるのでwそれを受けて更新したブログをのっけておきます。

 

 

mayuchoco0806.hatenablog.com

 

 


12月
キンプリアイランド見に行ったんだけど、最早Tokyo Experienceでエア小鼓してた記憶しかないwwwwほんとちょいちょい愉快なとこ大好きwwwww
エア小鼓は置いといてw8時だJの出演とカウコンかな。
8時だJのうみくん、きらっきらの笑顔でこれまた大好きなうみくんだったんだよね。
やっぱり、楽しそうにパフォーマンスしてるところがいっとう好きだなって改めて思いました。
そして2年連続のカウコン! 今年こそは行きたいんだけど、始発で帰ってきて働くっていう鬼スケジュールにならざるを得ないので躊躇う、でもいきたい。

 

1月
これもまたキンプリアイランドで、エア小鼓がなくなってて悲しかったって……いう……w
どんだけエア小鼓好きなんだよwでも思ってた10倍くらいの躍動感でほんと面白かっただもん😂

 

2月
ホームランバーをたくさん食べました。おいしかったです。
サスペンダーに湧きまくりました。新しいアー写ありがとうございます。
自分のついったー読み返してみたけどホームランバーとサスペンダーの話しかしてなかったwww

 

3月
ぷれぜんと!
まさかまさかの単独前に別沼にハマッて初めての冷め期を迎えるという個人的大事件が起こりました😂😂😂
3月半ばくらいには気持ちは全然戻ってて、ぷれぜんともうみくん♡♡♡♡大好きだよ♡♡♡みたいな気持ちで入ったんだけど、冷め期からの反動なのか、うみくんが痩せててめちゃめちゃかっこよかったからなのか、そのどっちもなのか、あまりのかっこよさに直視できなくなるっていう😂昼公演結構近くで見ることができたんだけど、なんかもう恥ずかしくて自分の顔の半分うちわで隠して、ずっと後ずさってたw
何してるんだろほんとにもうw
超絶最上級のめろめろめろおたに成り果てて、公演後に連番したお友達に、100回くらいため息混じりにかっこよかった……って言いまくってほんとその節はご迷惑をおかけしましたw
なんかもうかっこよすぎて、かっこよすぎたってことを受け入れるだけで精一杯で、本当に公演の内容のことを全然覚えていないという体たらく😂😂😂
でも、本当に本当に本当にかっこよくて、大好きで、大好きで、大好きだなってその気持ちをぎゅーって抱きしめて、これからもうみくんを応援していきたいなって思いました。

 

4月
もしも塾!
21歳最後のうみくん
なんかもう見られることが嬉しすぎてふわふわしたまま行ったら、21歳最後で平成最後のうみくんってことを完全に忘れ去って、かみ締められずに終わってしまったw
最初から達者に出来るとは思ってなかったけど初日のレポ見てたらちゃんと爪あと残してる感じで、いまを生きる初日のような緊張感はなくw幕が開けるのを待てましたw
夜公演でまさかの主役の浦島太郎を引き当ててしまって、テンパりまくるうみくんとか、その後明らかに心が折れてるうみくんとかw普段見られない姿を見られたのもよかったし、浦島太郎が終わった後、浦島太郎のキャラが定まってなかったから出づらかった、みたいに言われたのが悔しかったのかどうかはわからないけど、次の日のレポで設定固めてきたり、自分のヒモキャラだしてきたりしてたの、余裕と成長が見られて、直接見たわけではないけど、胸熱すぎました。

 

21歳のうみくんと過ごした1年間の振り返りでした。

とってもとっても楽しくて、かっこよくて、大好きだった21歳のうみくん
一年間本当にありがとう♡
そして22歳のうみくん
これから一年間、どうぞよろしくね♡

22歳のうみくんが健やかに幸せに過ごせますように!♡

愛は地球を救わない

 

2018年はうみくんと初めて1年を過ごした年で、その2018年がもうすぐ終わろうとしている。

沢山うみくんに会いに行って、もっと行けたんじゃないかなって気持ちとwいや、そろそろいい歳なんだから自粛したら? という気持ちとwまぁアンビバレンスな感じでふわふわしている現在なんだけどw

なんだろなー、何か、一年過ごしていいとこも直して欲しいなってとこも色々あったけど、今、最終うみくん大好きって思えてるから、それが答えなんだろうなって。

自粛したら? とか自分で言いつつも、きっと変われないんだろうなってw

 

なんというか、私にとって誰かを応援するということは、心の中にいつもお守りがあるような感覚だなぁって最近は思う。

社会人になってからn年wが経つけど、未だに挫折するし、普通に凹むし、普通に辛いことも多いw

そしてそんな生活の中で、その「誰かを応援すること」が仕事のモチベーションになったり、下向いてた気持ちを上に上げてくれたり、ってことはまぁ日々感じていることではあるんだけど、明確にアイドルに救いを求めた、救われた、と感じたことが何回かあって。

そういう感覚って、なんだろな、なんか、真っ当にアイドルを応援してるな感があって心地よくて、だけどそれは逆に危険な気もしてて。

 

今年の10月頃からかな、職場の体制ががらっと変わって業務量が1.5倍くらいに増えたんですよ。最初はやったるぜ!!!! と思ってたんだけどw流石に毎日13時間とか職場にいると辛くなってきて、特に月初はやってもやっても終わらないし、手探りでやってるから必要以上に時間はかかるしで、本当に嫌になっちゃって、一人で抱えているような気持ちになっちゃって、ひっさびさに本当にやだな、もう辞めたいな……ってモードになってたんですね。

そんな時にふらっとトイレに入ってあ、そういえば今日うみまるの更新日じゃんと思ってまだまだ業務が終わりそうになかったので活力を貰おうとwトイレでうみくんが書いたブログを読んだんです(一瞬サボってることは大目に見てくださいw)

読んだことある人はわかると思うんだけど、うみくんのブログってほんとアレでw

記念すべき第一回更新をワンスクロールという短さで終わらせてめちゃめちゃに叩かれたりw(しかも翌月の更新で第一回ということは忘れてあぁなりましたとか書いて不貞腐れてる感出してて笑ったw)句読点の打ち方がへたっぴでどういう意味? ってなってたりw何の前置きもなく話題が切り替わったり、謎にヒンディー語が出てきたりして、まぁいろんな意味で面白いブログなんだけどw

忘れもしない11月6日の更新は、10月30日の入所日と初の外部舞台であるいまを生きるの10月24日千秋楽を迎えての珍しく真面目な内容だったんです。

まぁ、内容は有料コンテンツなので載せられないのでwジャニーズwebに登録されている方は、とらまるの11月6日更新分のうみくんのブログをぜひとも読んで欲しいんだけどw

 

ほんと、絶望に打ちひしがれて狭くて薄暗いトイレの個室で読んでるのに、目の前が開けて、ぱぁっと明るくなるような感覚になって、ついさっきまで辞めてやる!!! とか思ってたのに、あ、私この人を応援し続けるためにやめたらだめだって思ったの。

まぁその内容の更新があってもなくても、きっと仕事は辞めてはなかったとは思うんだけどwその時の感覚は今でも私の心の大事なとこに残ってて、きっとこれからうみくんを応援していく上で色んなことがあるんだろうけど、何かある度に思い出すんだろうなって。その気持ちを取り出して、あの時助けてもらったなって思うんだろうなって思ったんです。

 

デビュー組からJr.に降りると、勝手に距離が近いような感覚に陥って、全くそんなことないのは勿論わかってるんだけどwでもそう思ってしまう自分が嫌になって、だから2019年は見返りを求めない、を目標におた活できたらなって思ってるんだけどw

ほんと、普段色んなことを斜に構えて、理屈っぽいし、うだうだ考えちゃうし、すぐ人の揚げ足取っちゃうしwなんかもっと素直に色々受け止めたいな、って日々思うことが多いんだけど、うみくんを見てる時ってそんなこと忘れてるし、その時だけは、素直で純粋ななりたい自分になれているような気もするし、無償の愛みたいなものを信じてみたくなる(これは文字にするとだいぶ恥ずかしいし、酔っ払いのたわごとだと思ってほしいw)

 

なんか、勝手に色々考えちゃってちょっとしょんぼりしてたんだけど、今日8時だJの特番でありがたくもタッキー&翼のバックで踊らせてもらってる姿を見て、本当に楽しそうで、いきいきしてて、あ、私が好きになったうみくんってこれだなぁって改めて実感したんですよね。

こういう姿が見られるならなんでもいいやって。まぁそんなこと言いつつも実際はもう、こんな性格なのでうだうだ考えたりは絶対しちゃうんだけどwうみくんと初めて過ごした1年の終わりにこう思えてよかったなって思いました。

何かブログ書くたびに似たようなことばっかり書いてる気がするんだけどwうみくんっていわゆる完璧なアイドルではないし、呆れることもまぁあるんだけどwなんか、タイミングなのかな、好きだからそう思い込みたいだけなのかな、ここぞって時に、今って時に、やっぱり大好きって思わせてくれるんだよね。

 

そんなわけで、うみくんのおかげでとっても楽しい2018年だったし、うみくんが大好きって気持ちがあれば、色々頑張れるなって思った年でもありました(仕事は馴れと業務をちょっと人に渡したおかげで少し軽減されましたw)

2019年も大好きでいるから可愛く楽しくかっこよくいてね。

いまを生きたい

映画を見ても、小説を読んでも、キャメロンというキャラクターがよくわからなかった。

というか、映画版は、普段あまり洋画を見ない人間に同じ服の同じ年頃の外国人を見分けるのは至難の業すぎて、ほんと結構中盤までどれがキャメロンなのかわかりませんでしたw

こんなこと言ったら怒られそうだけど、個人的にはあんま映画の内容も刺さらなくて。

多分それは、私が大人になってしまったからなのか、ジャニオタやっといてあれだけど、盲信的に誰かを信じる、ということに抵抗があるからか、自分自身のあんまり好きでないところでもあるんだけど、ああいうことやってるの見ると、やってんなー、と冷めた目で見てしまうからなのか、どうかはわからないけど。

 

ニール役を宮近くんがやるってのは人当たり良くて明るく皆を引っ張っていってくれる中で、抱える闇やままならなさを演じるのにほんとにぴったりだな、ノックス役の七五三掛くんもクリスが好きっていう自分の気持ちに真っ直ぐな感じが想像できるなって思ったんだけど、キャメロンって最後しか印象なくて、最後の印象だけだと、何で? っていうほんと感じ悪いやなやつで、まぁでも見せ場になるしいっか! と思っていて。

映画を見た後は、色んな雑誌に3人のインタビューが載り出したんだけど、どれを読んでもうみくんは不安げで、稽古場で孤立してるとか言われてるしw

おいおい大丈夫か? とw(その後ちゃんと共演者のTwitterに名前が登場してちょっと安心したけどw)

初日は心配で心配でなんだか話が頭に入ってこなかったですw

だから、ちゃんと演技してる! なりきってる! ちょっと滑舌怪しいけど上手だよおおおおおおおおってことで頭がいっぱいでしたw

そして、宮近くんの纏うオーラに圧倒されて終わるっていうw

 

ただ、うみくんがキャメロンを嫌なやつで終わらせたくない、って言ってたのが印象的で、そこだけは、汲んで見なきゃいけないなって思って。まぁ、本人をガン見してたら、嫌でもそれは伝わってくるんだけどw

キャメロンと他の5人の別れ道ってトッドが詩を朗読する授業で書いてこなくて、トッドがキーティング先生に覚醒させられるところかなって思ってるんだけど、あの時、ニールが最初に拍手してその後3人が駆け寄ってるけど、キャメロンは駆け寄らないし、拍手するけど、心から乗り切れてないような表情をしてて。

あそこがキーティング先生に心酔できるかどうかの別れ際でもあったのかなーと。

 

ただ、ニールが役を貰った時とか、ノックスがクリスと上手く行きそうな時とか、普通に心から嬉しそうだし、ニールが死んだことがわかった時は何か冷酷だったけど、みんなのことは普通にそこは心から友達だって思ってたんだろうし、ただ、最初から一貫して学校での自分の立場を守りたい、ってのが見て取れたので、一番大事なのがこの学校に通っているってことが誇り、というところで、そこを何を犠牲にしても守るのがキャメロンの中の正義なんだろうなと。

 

私自身も、多分キーティング先生にハマらない側の人間なので、キャメロンを通した目線で物語を見られてよかったなー、うみくんが演じなきゃキャメロン視点で考えることはなかっただろうなって思うから、きっかけになってくれてありがとうと思いました。

 

最初、何を考えているのかわからない、と思っていたキャメロンというキャラクターが、うみくんが演じることで血が通って、肉付けされて、行動が共感できるかとはまた別の話だけど、自分と近いところを持っているかも、と気付いた時のなんだろ、あっ.....て感じw(抽象的すぎますねw)面白いなって思いました。

そして、そういう考えなら最後の行動もまぁ理解できるな、って思えたことも良かったです。

 

パフォーマンスの時からずっと、表情を作るのが上手だなぁと思ってたけど、それは演技でも同じだなって思いました。

言い回しとか、滑舌とかは頑張れ!!! って思うとこもあったけど、表情とか表現や行動でカバーできてたと思う!!! ただ、もうモンペオタクの目しか持ってないからわからない!笑

でも、うみくんの伝えたかったキャメロンをただの嫌なやつで終わらせたくない、ってのはちゃんと伝わってきたよ。

それでいいと思う。

甘いかな?w

 

いまを生きるということ、Carpe Diemということ、そんな焦燥感や、衝動に駆られたことないなって思ったけど、行きたい現場があって、それは今を逃すと次は見られないかもしれない、行きたい現場には行かないと後悔するかもしれないというおたく心、その日しか見られない自担がいるかもしれないということ、それはまさにバラの蕾を摘むのは今!!! いまを生きる! Carpe Diem! って日々感じてるじゃん! というクソみたいなオチで感想を終わりにしようと思いますw

 

また何回か見たら、別の見方とか、新しい気付きとかあるんだろうな、と残りの公演を楽しみにしてます。

中村海人くんを、好きになってよかった。

楽しくて幸せだった8月が終わると、うみくんと過ごす二度目の秋が来る。

 

私が、中村海人くんのことを初めて認識したのは、いつだったかな。
○○なジャニーズ○選! みたいなのが流行ってた時期で(いや、まぁ当時自分も書いたけどw)ヒモにしたいジャニーズでやたら名前が挙がる人がいるなって思ったのが最初だったw
そしてそれで興味を持って一回検索してみたんだけど、へぇ~検索はしてみたけど好みじゃないなwって思った、という今思えばまさかの出会いだったw
当時、というか今もだけど自担しか見えない性分の自分はそのままうみくんの存在は忘れ去り、何ならミューコロツアーでキスマイバックについてた時もその時のことを思い出すことはなかったw
そして、その次にうみくんの存在を認識したのは、ミューコロツアー仙台オーラス公演で機材につまづき故障? させて、オイ海人! 弁償な!(全てがニュアンスですw)って言われてた時に、冗談とは言えど可哀想にwって思ったのと、最後のアピールタイムであ、可愛い子がいる。って一瞬思ったのが二回目だった。
しかしそのことも、好きになってからちょっと経つまで忘れていたw

 

私は元キスマイ二階堂担だったんですが、ミューコロツアーが終わって、ちょっと二階堂担やってくのに疲れたなって気持ちがあって。
元々気持ちが重いタイプなので、いつまで経っても髪の毛が刈り上がってたりw見学先で叩かれまくってたりw好きな気持ちに変わりはなかったんだけど、ちょっとこんだけ辛いことが続くとしんどいな(アイドルの応援するモチベをだいぶ左右する髪型問題)二階堂さんしか見えないと思ってたけど、他にも目を向けてリスク分散するのも有りなのかな、と思ってた矢先に、湾岸ライブのお知らせがやってきたんですよね。
その時、ちょっとJrの現場行ってみたいかも、って気持ちが生まれて、どこのグループだろって考えた時にツアーについてくれてた時の空気感がいいなぁと思ったTravis Japanがいいなって真っ先に思ったんです。

 

まぁそんなちょっとした浮気心wが膨れに膨らんで今立派に中村担になって1年が経とうとしてるんですけどw
好きになったのが9月で。
まだ何もわからない、一人ひとりのキャラクターも把握できていないまま、一人いなくなってしまって。
9月から何ヶ月かは新規ハイでうみくん可愛い! 大好き! って気持ちと裏腹に、毎日不安で。
でも、そんな気持ちの中いったABC座ジャニーズ伝説2017での5人のトラジャはめちゃめちゃに輝いてて。
そんな姿を見せてくれてるのに、根も葉もない噂に惑わされて、振り回されてる自分も嫌だったな、当時。
でも松松の二人が加入したあとは、それも思い出さないくらい充実してた。

 

いつもコンサートが終わってしまう時、いいコンサートだったなーって気持ちより、終わるのが嫌だって気持ちが大きくって悲しくなっちゃうんだけど。
ダブルアンコが終わってもやまないコールに、リハ着で皆が出てきてくれたこと。
最後にトラビスジャパーン うーやっほーい! で楽しく〆てくれたこと。
最後の最後にうみくんが出てきて俺らも大好きだよって言ってくれたこと。
終わった後、幸せで胸がいっぱいで。
なんだろな、すっごい好きな人とお付き合いしてる時のいっぱいに満たされてる幸せな気持ちみたいなものを思い出しましたw
まぁ、その後飲みながら終わっちゃうとか無理~!!! 寂しすぎる~!!!! やだ~!!!!! とか結局言ってたけどw

 

サマパラで踊るうみくんを見てて、当たり前に大好きだし、かっこいいし、可愛いし、好きなポイントもたくさんたくさんあったんだけど。
今一番思い出すのが、Born in the EARTHでステージの真ん中に立ってきらっきら笑顔を振りまいてるうみくんだったりするんですよね。
踊ってるうみくんよりも先に、you&meアイランドでステージ上でずっと笑顔がきらきらしてて、ほんとにここに立てて嬉しい、楽しいってのが見ているこちら側にまでぐぐぐっと伝わってくるようなうみくんが好きだなぁって思って、この人を応援しようって決めたので、その時の気持ちが思い出されました。

 

こんなことを言うと語弊があるかもしれないけど、私あんまりうみくんのこと信頼してなくてw
だって、気分屋だし、自分の生活の中でJrの活動がしめる割合は10%とか言うしwメンタル弱いしwそれはどうなのwwwってことちょいちょい言ったりするしw
でもそれは、嫌だってことじゃないの。
そういうはらはらさせるところや、素直なところも魅力の一つだし、好きなところでもあるw
でもさー、ステージに立ってるうみくんのパフォーマンスはめちゃめちゃに信頼してるの。
いつだって見たいものを見せてくれるし、現場ごとに上達を実感させてくれたり、新しい魅力に気付かせてくれるね。
あと、選曲センスもねw

 

公演が終わって、ほんっとにトラジャを、うみくんを、好きになってよかったな。
こんな幸せな気持ちになれて、ここにいられて、一緒に平成最後の夏を過ごせてよかったなぁって思って。
4年弱前にキスマイがきっかけでジャニオタになって、キスマイ以外のグループもそんな興味なかったし、Jr.なんてほんとに有名どころしか知らなかった状態で、Jr.担になるのって少し怖かったけど、そんな気持ちも吹き飛ばしてくれるくらい、うみくんは好きって思わせてくれた。
きっかけは、ほんっとに軽い気持ちだったけど、思い切って飛び込んでみてよかったです。

 

あんっなに大好きだった二階堂さんをあっさり降りたことで、私は自分の気持ちも信頼してないし、できなくって。
いつかうみくんのことを好きじゃなくなる日が来るって知ってるし、それを思うと今は辛いけど、その時が来ても辛くないってことも知ってる。
だから今、雑念なくうみくんのことが大好きって思えてる気持ちがかけがえがないし、大事にしたいなって思う。

 

うみくんを好きになったばっかりの頃の記事にも書いたことがあるんだけど、湾岸ライブを申し込むべく情報局に入会しようとした時、当時トラジャの中で推し(敢えて推しという)が定まってなかった私は、え、誰にしたらいいの、ってめっちゃ悩んだんですよね。
グループの雰囲気には惹かれたけどどの人もそんな知らない……っていう軽い気持ちだったのでw
その時、誰にするか迷って近くにあったMyojoのトラジャのページを開いたら、すっごく笑顔が可愛い子がいて。
え、でも一番くらい印象ないよ? そんなんで決めていいの、って思いつつもどうしてもその笑顔に惹かれてしまって、頭から離れなくって。
好きなタレント名に少し迷いながらも「中村海人」って入力したのが、全ての始まりでした。
あの時、Myojoで可愛く笑っててくれてありがとう。
ここまでつれてきてくれてありがとう。
うみくんを、Travis Japanを、好きになってよかった。そんな初めて一緒に過ごした夏でした。

 

二度目の秋も、どうぞよろしくね。

君は薔薇より美しい

サマパラを見て、このままでは、うみくんの作る表情に殺されてしまうって思った。

私は、うみくんのパフォーマンス中に見せてくれる表情がほんっとに好きで。

それは、初めてうみくんを見に行こうと決めて見に行った公演でそう感じた時から変わらなくて。

変わるどころか、大好きなところがどんどん上達して進化していくもんだからますます好きになって、なんかもうたまらなくて、わぁーーーーーーーーーって思ってたらあっという間に2公演終わってたw

 

特に、so Crazyが凄くて、見てる間何だかもう何も考えられなかった。

何もっていうか、ただこの人のことをずっとずっとずっと見てたいって気持ちだけがあった。

キスマイツアーでToxxxicのパフォーマンスを見た時のような大きな衝撃ではないんだけど、というか、キャパオーバーだったのかほんとに何も覚えなくて、イントロで歩いてたことしか覚えてないんだけどw

so Crazyが一番好き、って気持ちだけが心に残ってるの。

もうほんときもおた過ぎて自分が嫌になるんだけど、

 

ねぇ どうしたらいい? 考えるほど苦しい 

今君に ただ 染められてく 

 

 ほんとこれを今体現してて辛すぎるwww

こんなに好きって気持ちが残ってるのに、思い出せなくてもどかしすぎるので、残りの公演で目を閉じたら浮かび上がってくるくらい鮮明に思い出せるよう目に焼き付けたいと思いますw

 

宇宙に行ったライオンで初めてうみくんの熱唱する顔見たけど、めちゃめちゃ良かったな。

しかも、うみくんが選んだ曲ってことで、何となく歌う顔に力が入っているような気がして。

しかも歌詞がさぁ。

www.kasi-time.com

 

これをうみくんが選んで歌ってると思うと何かもう胸がいっぱいになっちゃってw

まぁ歌詞の意味なんて考えずに決めたかもしれないけどw

しかも2ヶ月前の自分のブログで何の脈絡もなくタイトルだけ言っちゃうのも(我慢できなかったのかな? かわいいね?)匂わせのようでできてなくて、それが二ヵ月後ののえるくんのブログでわかるっていう一連の流れも何だか可愛くてよかったw

 

と思ったら、Familyでは見たことないくらい優しい表情してて、かわいいとかかっこいいはかなり頻繁に思うんだけど、初めてに近いくらい、うみくんの横顔が美しいなって思った。

うみくんの横顔が美しいってことは知ってはもちろんいたんだけど!w

その時してた表情と相まって、しみじみ横顔が美しいなって思って目が離せなくなってずっと見てたなぁ。

 

あとは、横アリ単独で大好きになったイン・ザ・ルームが再び見られて、椅子を使ったパフォーマンスになってて狂喜乱舞だった。

Wかいとのラップも健在で、チケ代元取れるポイントだった。

セクシーさに打ち抜かれてどうにかなりそうになった。でもここはToxxxicで免疫ついてたから生きた。ありがとう、Toxxxic。いい薬です。

 

そしてそして、Up & Down and Up & Down,Yo Danceね!

あの衣装めちゃめちゃ良くない!?!?!?

一歩間違えればおたくファッションになりそうなアレをはちゃめちゃにかっこよく着こなす自担凄くない!?!?!?

何となく宮近くん選曲、振り付けかなーって思った。

あのかっこいいとちょっとのおふざけが混在してる感じ。

ダンスもうみくんにあってたね。

 

あと、のえしめしずげんのMaybeほんとセクシーでムーディーで最高だったんだけど、雑誌でこの四人の呼び名をいちごみるくって言ってたから、いや、いちごみるく感ゼロだね!? ってちょっと思ったけどw3バルから見下ろした時のフォーメーションがきれいで見とれました。

 

マッチさんバックで着てた黒地に金の刺繍の衣装、写真でしかみたことなかったんだけど、凄い好きで、でも全然着ないからもしやマッチさんのバックの時のやつだから着られないのかな? て思ったら今着てる姿が見られて嬉しかったです。

 

実際に公演に入ったり、レポを読んだりした方は、もうご存知かと思いますが、うみくん足を怪我しちゃってて、何曲か出てないところがあって。

出てない曲で見たかったやつめちゃめちゃあるし、それ以前に普通に痛そうだったからめちゃめちゃ心配だし、でも足かばってる時はあるけど、表情には全然出さないし、出てる曲全部が全部本当に大好きしかなくって。

しかも、うみくんてば、ダンスが踊れないことを退屈だっていうんですよ(これは入ってない公演で言ってたらしいのをレポで読んだだけなんだけど)

そこで辛いとかじゃなくて、退屈って言葉をチョイスするうみくんが好きだなぁって思ったし、踊ることを楽しいって思ってるんだなぁってわかって何だか嬉しかった。

まぁそれはさておき、早く治ることを祈るばかりだけど、One Chanceと夜の海とGuys PLAYZONEは諦めきれないなw

うみくんの日替わり超いい。。。待ってる。

 

久々に宮近くん大好き! 大好き! なうみくんが見られて、ずっとずっと宮近くんと一緒にいられたらいいね、って心底思いました。

宮近くんに甘やかすとめんどくさいとか言われてるし、おんぶしてもらって宮近くんの後頭部に顔埋めたらかなり嫌がられてたけどw(そりゃ嫌だろうw)

あと、コーナーやってる時とかずっとしーくんにくっついてて、最近しずんちゅが熱い私得すぎました。

しーくんにくっつきたくなる気持ち、わかりすぎるよw

 

私は、めっちゃ新規だし、プレゾンもまだ2015しか見られてないし、そもそも自分が体感しかことしか思い入れを持てない薄情なおたくなので、そんな固執しなくてもいいんじゃない、なんてひどいことを思ってたんだけどw(おたくも荒れるしw)

おたくがどうとか関係なく、本人たちがやりたいんだなって思った。

本人たちにとって、とっても大切なものなんだなって。

そんで、きっと松松にとってのShockも同じなんだよなって。

公演中にShockの曲が凄く大事に使われてるなーって感じてそう思いました。

お互いに敬意を払えるのって素敵だなと。

ま、新規の戯言だけどw

あと、松松の2人の歌が上手すぎてびっくりしたw

私自身は、プレゾンのことそんな知らないし、Shockに至っては全然知らないけど、大好きな人たちの大切なものを大事にしたいなって、考えを改めました。

何も知らないことについて、寂しさがないといえば嘘になるけど、過去に戻れるわけもないので、これから見せてくれるものを大事に大事にして、うみくんのことを好きでいたいなって思った。

 

まぁまだ公演はあるし、私もまだ入るから変わるかもしれないけど、今の気持ちでした。

 

来年はハリウッド行こうね!(行く際は、主に費用、休み面で色々と調整が必要なため、お早めにお知らせくださいw)

Yummy!!雑感

いつもオレンジありがとう、ってずるくない?

いや、本当誰担だよwって始まりでほんとごめんなんだけどw

 

キスマイのツアーが始まるってお知らせを見た時、迷いなく行きたいなって思った。

やっぱり何やかんやキスマイが好きだし、キスマイのライブが好きだから。

そして前日、トラジャがつくことが確定して、元担と自担が同じステージに立つことが決まったわけなんだけど、すがすがしいくらい迷いも戸惑いもゼロで、私はなんて薄情なやつなんだってちょっと思ったくらいwでももう自分の中でうみくんが好きって気持ちは揺るがないものなんだなとも思った。

実際ツアーが始まってもそれは変わらなくて、あ、変わらなくてってのは嘘だな。

Flamingoだけはフラットな気持ちでは見られなかったw

なんせバックもいないし、I SCREAMツアーでFlamingoを踊る二階堂さんがめちゃめちゃ好きだったから。

それ以外の曲は、自分が認識しているキスマイの曲の振り付けがうみくんの色にガシガシ塗り替えられていくのが楽しくって新鮮で。こんな風に踊るんだなぁって発見の連続で。お陰で、正直好みドンピシャではないなって思ってたうみくんのダンスを心から大好きになれたの。

だからこそ、Flamingoはバックにいなくて逆に良かったのかもしれないw大事にとっておきたい思い出でもあるから(そんなこと言いつつ、どこかでトラジャがFlamingoを披露することがあれば飛び上がって喜ぶと思うけどw)

 

そんで、最初の横尾さんの発言に戻るんですけどねw

この発言を受けて書かれた横尾担の人のブログを拝読したんですけど、宮千担が羨ましかったってのがわかりすぎて辛かったw

自分が好きで選んだ人を応援してるんだし、宮千担だって思うことが何もないわけでは絶対ないと思うから言っちゃいけないのかなって当時ずっと思ってて言えなかったw

二階堂さんって、言葉足らずだし、発言の本意がわかりづらいし、素直じゃないし、誤解されやすいし、失言多いしw何かだんだん悪口みたいになってきてしまったwでも、そういう平成生まれなのに昭和なところや危なっかしいところ好きだったしwだから、本当に伝えたいことはこういうことなのかなって考えるのが楽しかったし(都合良く解釈するとも言うwそして分析しないでと言われるw)、でも、すぐバランス見るwから二階堂さんが選び取ったもの、発言したことでも、それは本当に自分がやりたいこと、伝えたいことなのかな、バランス見て決めたんじゃないのかなって思うことも多くなってきて。まぁ二階堂さんの本当の気持ちなんてもちろんわからないけど!w

まぁそんなこと思いつつ、気持ちが重すぎるからよそ見でもいっちょしてみるか! と思ってチラ見した沼に頭まで沈んで出られなくなって担降りするに至ったんですけどw

二階堂さんも、表立ってファンが大事! って表してくれることないから、いつもオレンジありがとう、って横尾さんが言った時、ぜんっぜん関係ないのは百も承知で何なら担降りしてるのに厚かましいんだけどw二階堂担だった当時、二階堂さんの発言ひとつひとつをほどいて、二階堂さんからのそういう気持ちのかけらみたいなものを探していたんだろうなぁって思って、何だかその時の気持ちが報われたような気になったんですよね。

それは何にも変えがたいファンサービスだなぁと。

そしてそれは、横尾さんが不器用なりに伝えてくれたからこそだなって。

報われたくて誰かを応援しているわけじゃないけど、西武ドームで私の中の何かが成仏した気がしましたw

そしていつか、言葉選びが下手くそな二階堂さんがこれぞという言葉を見つけて伝えられる日が来るといいねって担降りBBAは思いましたw

 

バック担としてコンサートに入るのは勿論初めてだったけど、蓋をあけてみたらこんなに出番あっていいの!? 美味しく使ってくれて本当にありがとう!!!! って感じで。

うみくんのかっこいいとこ100とかわいいとこ100とどっちのメーターも振り切れるくらいで、何かを考えながら見るってよりも、ほんとにDon’t think feel! でかわいいとかっこいいとが交互に来て、翻弄されてたらツアー終わってるみたいな感じだったw

Toxxxicで前半の記憶一旦全部消えるしw

私はうみくんの作るパフォーマンス中の表情がめちゃめちゃ好きで、それが目に見えてぐんぐん良くなっていく様が見られてほんっとたまんなかった。

こんなすっごい経験させてもらえて、楽しい夏を過ごして、それを経てのサマパラなんて絶対凄いに決まってるし、それがこれからの楽しみに待ってるなんて、贅沢のしすぎでどうにかなっちゃいそうなんだけど、10月には舞台も待っているので、どうにか理性を保っていまを生きることにします(無理矢理感がすごいけど終わるw)

Toxxxicがしんどい

この記事はKis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!!のネタバレを大いに含みます。


5月5日、6日の名古屋公演を終え、熱に浮かされるかのように頭の中に思い浮かぶ言葉はたった一つである。


「Toxxxicしんどい」


トラジャ担になってから、コンサートのバック現場は今回が初めてで、しかも大好きなキスマイのバック!
前日にトラジャで確定の情報が流れてから否が応にでも期待せざるを得なかった。
いざ始まると、まさかのTell Me Why始まりというセトリ展開に驚きながらも、Clystal skyでライトを持ってキスマイをかざしているうみくんを見つけた時の胸の昂りは忘れられないな。
その後l Scream Nightの振りを踊るうみくんに興奮したり(まぁ1日目全然見えない席だったから、じっくり見られたのは2日目だったけどw)
Break the chainsとFREEZEと蜃気楼の演出がめっちゃかっこよかったり、久々に見たFlamingoの二階堂さんがやっぱりめちゃめちゃかっこよくて、ダンスが好みすぎて少し切なくなったりとかw
そんなこんなでMCが終わり、友+情を、くっつけてをしっとり歌って次は何だろな~と思ってたらまさかのMCに呼ばれるTravis Japanのメンバー。
え! うそ!? と思ってたら(トラジャのいつものふわっふわぷりがキスマイ担の人たちにもウケててほんわかしましたw)
キスマイから新曲のプレゼント、と。最初意味がわからなくてw
Happy Groovy歌わせてくれるってことでしょ!? って思ってたら衣装もプレゼント、千賀さん振り付け、とか言い始めるし多すぎる情報量と余りの衝撃でえ? え? って思ってたら曲が始まって。
ドル誌でいつか千賀さんが振り付けしてくれるって! ってトラジャたちが話してるのを見て、千賀さんの振り付け大好きだからほんとにいつか実現してくれたらいいな~と思ってたら、こんなに早く実現してめちゃめちゃ嬉しい。
何かもう嬉しいのと驚きで全然どんなだったか覚えてないんだけどw今ある3曲とも雰囲気違う結構ごりごりな感じの曲で次は激しめの曲だったらいいなと思ってたから嬉しいし、こんなに早く新曲が貰えるのも嬉しい。
そんなこんなで、ふわふわしながらも、We areキスマイの振りめっちゃかわいいな~とか思いながら見てたら、ついにしんどいゾーンが始まってしまうんですよ。
I Scream Tourのソロ曲のバックで踊るSnow manがめっちゃかっこよかったのを覚えてたから、今回もソロ曲やるだろうし、トラジャの皆もバックにつくよね、うみくんは何かな~とか思いながらステージを見ていたら、
1曲目が藤ヶ谷さんのソロ曲で「Toxxxic」だったんです。
映像凝ってるな、と思いながら見てたら、うみくんがいきなり出てくるし、何か衣装がとんでもなくえろい(白い衣装に白いベルト? みたいなものが巻かれててピンクと紫が混ざったような液体が零れた跡がある)
これは期待しかないぞ、と。
と、思ってたらですよ。
もう、もうね、しんどくてしんどすぎてここからの一連の流れを文章にすることができなすぎて、もうレポを見てくれと言いたいくらいのしんどさ。
何のためにブログ書いてんだよwwwwwwって感じなんだけど、書こうと思って思い出そうとしたら何か手が震えてくるし、何ならもう意識のある間はずっとToxxxicのこと考えてる。
しかも、2日目は席が見切れすぎてロックオンするモニター間違えてその瞬間見逃したのがショックすぎて、余計未練が凄いの。
どんだけだよwwwって自分でも思ってたら何と夢にまで出てきて、しかも夢ではそこの演出がカットされてて夢でも見れなかったっていう切ないオチつき。

もう無意識でもToxxxicのこと考えてる。いい加減頭いかれてるよね。
多分この記事読んでる人はきっとToxxxicの演出知ってる人たちばかりだと思うけど、頑張って書くね。
まず、うみくんが片足あげて自分のももに乗せて椅子に座ってるんだけど、そこにビーカー持った藤ヶ谷さんが近づいてきて、あああああああああああああああ、だめだやっぱ無理。
無理だわ。
そこで起こってる現象と冷静に説明している自分が結びつかなさすぎて。しかもなんか言葉にして説明しようとするとあの時の衝撃が色あせてしまう。
だって、初めて見た時リアルに腰抜かしたもん。そこで、あっ、本当にかっこよすぎて腰を抜かすことってあるんだなぁって思ったのw
半年ちょい、自分なりに頑張ってうみくんを追いかけてきたつもりで、大阪のJr祭りでTonightで爆裂にかっこいいうみくんを間近で見た時に、あまりのかっこよさに途中で記憶を失った時これがかっこよさの頂点かなって思ってたのに。
たったの2ヶ月ちょいでそれを更新してくるうみくんが末恐ろしいよ。

しかも、しかもよ? その後TouchとClap A Holicと優しい雨をぜえぜえ言いながら見てたら、カ・ク・シ・ゴ・トで再び出てきてとどめ刺しにくるのやばくない!?

バーテンダー役やってるのもまずかっこよすぎてしんどいのにカ・ク・シ・ゴ・トのバックとか絶対にかっこいいじゃん!? やめて、これ以上かっこいいとこ見せられすぎたらかっこいいの過剰摂取のキャパオーバーでどうにかなっちゃうよね!? ってなってたら、まだこのちょい後にかっこいいのが襲ってくるの。

赤い果実での軍服だよね。

トラジャのオリジナル衣装って全部好きなんだけど、やっぱ元キスマイ担的には無駄な布がいっぱいついたやつが欲しくてw

オリジナル衣装ではないけど、軍服で裾の長いコート着てるうみくん見て、その気持ちが少し成仏しましたw

長い棒? みたいなものを振り回す姿は帝劇にいるうみくんを思い出してかっこよかったな。


余談だけど、今回でやっと遠目から見てもうみくんのダンスだ! ってわかるようになって、ほんとの意味でうみくんのダンスを好きだなって思えるようになったのが嬉しくて!

うみくんのパフォーマンス中の自分の演出力はとっても好きなんだけど、踊り方に関しては特に何も思ってなかったのwでも自分の中に浸透してきて、判別できるようになって好き!!! って思うようになった!

それがとっても嬉しい!

何か、明るい曲の時とかダンスの止めの時ピッて音が聞こえてきそうなくらいしっかり止めるよねw


なんだかまとまりがなくなってきてしまったけど、寝ても醒めてもToxxxicがしんどい話でした。

いや、ほんとあの瞬間だけでもチケ代の元取れてるし、あれを見るためだけに全ステしたい(無理だけど)

これからキスマイツアーに参戦する方がいらっしゃれば、ぜひToxxxicのあの瞬間に注目していただければこれ幸いです。